【POG】【推奨】ロスヴァイセの2020

スポンサーリンク
【2020年度産駒推奨】


推奨馬

ロスヴァイセの2020(牡)
 ∟父:キタサンブラック
 ∟母:ロスヴァイセ
 ∟生産:ノーザンファーム
 ∟馬主:キャロットクラブ
 ∟厩舎:木村哲也厩舎


ロスヴァイセといえば今年リオンディーズ産駒のヴァーンフリートが活躍しています。新馬戦を勝利後1勝利を3着。

また母ロスヴァイセ自身ですが、競走馬時代の全3勝。POG期間では2勝出来ています。いずれもダート戦での勝利です。
以下は1勝クラスダート戦を勝利した際のの映像です。ゴール前で何とか残す姿は根性を感じますね。

ロスヴァイセ 7戦目【1着】 3歳500万下

同じ根性が子供達にも受け継がれていることに期待します。

馬体・測尺

ロスヴァイセの2020の馬体

雄大な馬体です。相当ボリュームを感じます。キャロットクラブの募集動画を見てもその雄大さは表現されています。募集動画で感じたのはその雄大さとともに意外と動きがキビキビしているところです。この写真では全ては表現出来ておりませんが筋肉は皮膚の下にしっかり詰まっており動かすと躍動感もあります。
また腹回りのボリューム、前足の肉付きも良く、まさに走りそうな馬体です。

兄弟馬体比較

冒頭でも述べましたリオンディーズ産駒であるヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019)が活躍中です。父は違いますが比較しましょう。

馬体の作りとしてはロスヴァイセの2020よりもヴァーンフリートのほうが正直良く見えますね。筋肉のハリもヴァーンフリートは素晴らしいです。この点は認めるものとしてあくまでキタサンブラック産駒としての評価を考えた方がいいかもしれません。

キタサンブラック産駒としての比較

このプチノワールの2020の記事内のキタサンブラック産駒と比較しましょう。この記事に記載した通り、キタサンブラック産駒の活躍馬は1歳時の馬体の見栄えがあまり良くありませんそれに比べるとロスヴァイセの2020は他馬を圧倒しています。これがどうでるのか楽しみであります。

測尺比較

ロスヴァイセの2020と他キタサンブラック産駒の活躍馬の測尺を比較しましょう。

◾️ロスヴァイセの2020
・体高:162.0  ・管囲:21.9
・胸囲:182.0  ・体重:506

◾️イクイノックス
・体高:158.0  ・管囲:20.7
・胸囲:177.0  ・体重:439

◾️ヴェールランス
・体高:154.0  ・管囲:20.0
・胸囲:171.0  ・体重:390

◾️ラスール
・体高:155.0  ・管囲:19.6
・胸囲:171.0  ・体重:446

ロスヴァイセの2020は完全に他馬を圧倒しており比較になりません。ただキタサンブラック産駒は1歳時から比較的大きめの馬が多いようですね。こう見るとイクイノックスは体高、管囲、体重など理想の大きさであったため、馬体の見た目以上にいい中身の馬なのだと気づきました。
ロスヴァイセの2020がこれ以上に大きくならないようにしてほしいです。足元への不安が残ります。

血統

ロスヴァイセの2020の血統表

父母間クロス:Halo4×5、Hail to Reason5×5

キタサンブラック産駒血統成功条件を満たしているか

この記事にも記載しましたが同じ内容を記載します。

◾️キタサンブラック産駒血統成功条件

①父母間でHaloクロスがある
②父母間でLyphardクロスがある
③母方にSadler’s Wells配合がある
④母方にトニービン配合がある
⑤母方にNureyev配合がある

ロスヴァイセの2020は①④⑤に該当します。イクイノックスは①②④⑤に該当しており、やはり②(=父母間Lyphardクロス)があるのがいいです。
ロスヴァイセの2020はMachiavellianの配合がありサンデー系の種牡馬とは相性の良い配合となっています。これは母の中のソニンクからの流れです

ソニンクが母方に配合があるPOG期間活躍馬活躍馬ですが、ロジユニヴァース(日本優駿1着)、ジューヌエコール(デイリー杯2歳S1着)、ディアドラ(アネモネS2着、ファンタジーS3着、秋華賞1着)、ソングライン(NHKマイル2着)、
このように活躍している馬が多くいます


ロスヴァイセの2020はキタサンブラック産駒の血統成功条件①④⑤を満たしているとともにソニンク(Machiavellian)の配合があるわけですので、活躍の可能性は大きいと考えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました